大学生のための就職活動

会社に就職して働くことは決して簡単なことではありません。どのような仕事をしたいかを、バイタリティにして考える必要があるのです。何故、今説教じみたことを言おうとしているのか、それは自分の所属を信頼しすぎだからです。大学生か求職者の方は振り返ってみて下さい。自己分析は就職活動に重要な作業です。例えばフリーターの方は、アルバイトで生計を立てていることでしょう。しかしながら、非正規社員は終身雇用が適用されないため、安定した労働ができないのです。また、大学生が就職活動をする場合も同じです。新卒採用のため、気を張るのは大いに良いことです。会社の即戦力になり貢献しても、損はありません。損になるとすれば、妥協した会社に勤め、自分のしたい仕事ができないなどです。元々の話をすれば、大学の就職は、学校からの就職ではなく、企業から企業に就職する、転職に該当するのと同じです。実は、国立大学の語尾には法人が付きます。法人格を持ち、独立行政法人と呼ばれる団体に属します。公共企業体に分類され、公企業の一形態です。就職活動とはつまり、プールから上がり、シャワーを浴び、更衣室に戻るまでの過程と瓜二つなのです。良い意味で五十歩百歩、悪い意味で蛙の子は蛙、スムーズな移行のように見えますよね?しかし、ビジネスモデルだけは、会社によって大きく分かれます。まず、メーカー系のモデルは、基本的にシンプルな物販モデルです。開発、製造、提供、みたいな流れのモデルは良く知られているビジネスモデルです。小売りモデルは、開発、製造を行わず、仕入れて売るだけのモデルです。時間を使ったモデルでは、回線などサービスを使い続けてもらう継続モデルがあります。タイプ別では、使い切りタイプと使い切らないで、再利用する2つのタイプに分けられます。しかし、これらを形成するまでに、多くの時間と費用は必ずしも掛かっていて、理由はバリューチェーンを行っているためです。どこに付加価値があるのかを事業戦略の見直しなどによって、全体的に改善しているためです。会社は、利益最大化を図るために戦略を立てます。業務は全て計画通りに進まないはずで、改善、解決を図らなければいけません。適応力が必要とされるのです。始めに述べた即戦力は、この要素を含んでおかなければいけませんが、会社がどういう性質を持つのか事前に分かっていれば、発生する問題も想定ができます。自分の所属を今一度見直し、企業分析をしっかり行えば、即戦力は自他とも関係ありません。自信を持ってください。

Copyright © アプリ開発の求人、失敗しない!転職サービスはココ! All rights reserved